LIFE STYLE

個性が輝く女性たちが、
自分らしく日常を楽しめる文京根津エリア。
「根津」駅徒歩1分の
アドバンテージがもたらす快適な日常を
3つのタイプのライフシーンに沿ってご紹介します。

バランス派

お互いの価値観やライフスタイルを尊重しながら、
夫婦で過ごすリラックスタイムを
何よりも大切にしている二人。
多忙な毎日だからこそ、
朝夕のゆとりや休日のひとときを楽しみたい。

Weekday
平日

morning

8:00

夫と出勤前にカフェで朝食。
このゆとりが嬉しい。

最近、朝食は駅のそばのカフェ、が二人のブーム。厚切りトーストとコーヒーで、スムーズに仕事モードに切り替えられる。「朝カフェ、手軽でおいしくて最高」と夫。我が家で食べる時は、用意は私、後片付けは夫の役目なのだ。もちろん私も朝カフェ、に大賛成。

Topics

徒歩1分だから、ハイヒールでも楽。
雨の日のプレゼンでも沢山の資料を持ってタクシーで1370円で飯田橋のオフィスまで行けて助かります。

evening

19:00

徒歩2分のスーパーで買い物、料理、夕食。

帰りがけにスーパー「赤札堂」でお買い物。我が家まで徒歩2分だから少々買い込んでも大丈夫。夜11時まで営業しているから慌てずに済むし、駅前通りだから還りが遅くなっても安心。今晩は夫のリクエストでシーフードカレー。パクチーたっぷりが二人のスタイル。

赤札堂/徒歩2分(約100m)|文京区根津2-12-6|営業時間:9:00~23:00|定休日:無休・マルエツプチ/徒歩3分(約190m)|台東区池之端2-7-17|営業時間:10:00~22:00|定休日:無休 赤札堂/徒歩2分(約100m)|文京区根津2-12-6|営業時間:9:00~23:00|定休日:無休・マルエツプチ/徒歩3分(約190m)|台東区池之端2-7-17|営業時間:10:00~22:00|定休日:無休 赤札堂/徒歩2分(約100m)|文京区根津2-12-6|営業時間:9:00~23:00|定休日:無休・マルエツプチ/徒歩3分(約190m)|台東区池之端2-7-17|営業時間:10:00~22:00|定休日:無休

Holiday
休日

11:00

散策がてら、
イタリアンレストランで二人ブランチ。

二人揃って何の予定もない休日だから、散策がてら裏路地イタリアンのブランチへ。石窯ピッツァのお供はやっぱりワイン。昼間から乾杯できるのも休日の特権だもの。「夜はどこにする?」なんて今から盛り上がれるのも、こだわりのお店が多い根津ならでは。

Topics

心に優しさが芽生える街「根津」
「根津」駅前には多くのグルメ店や老舗、カフェが軒を連ねています。そのレパートリーも「うどん、寿司、串揚げ」といった和食から、「洋食屋、フレンチ、ワインバル」までと幅広いのが魅力。最近ではお店のお洒落さが加速、高感度女子にも東京の穴場グルメスポットとして認知されはじめています。お洒落なお店達が心にもカラダにも栄養を与えてくれる街です。

13:30

いつでも新しい出会いがある谷根千散策。

今日は夫と初の谷根千デート。私が張り切ってプランを立てたのに、夫は「お、この店面白そう」「ちょっと立ち飲みしていかない?」と寄り道ばかり。まぁ寄り道もこの街の醍醐味だし、知らないお店もまだまだあるし…さすが谷根千!夫も気に入ったみたい。

谷中銀座商店街徒歩17分(約1,310m)
Topics

新しい友ができる懐かしき風景「谷根千」
東京屈指の下町として人気の「谷根千」。B級グルメを超えた独自の食文化と、職人気質の街と新進気鋭のデザイナーが融合した「ニュー下町モード」とも呼ばれる洒落物が人気を博しています。個性的で独創的なお店に集う感度の高い人々との出会い、多彩なワークショップで学び合う仲間、この街には人生を豊かに生きる人と知己を得る機会が詰まっています。

※掲載の徒歩分数表示については80mを1分として算出し、端数を切り上げたものです。距離表示については現地からの地図上の概測距離です。
※掲載の環境写真(image photoを除く)は2018年9〜10月に撮影したものです。
※掲載の情報は2019年9月現在のもので変更になる場合があります。
※掲載の建物写真は2019年9月に撮影したものです。
※掲載の眺望写真は現地14階より南西方向を撮影(2019年7月撮影)したものです。また周辺環境・眺望は将来にわたり保証されるものではありません。